ガサバカ日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 餌について

<<   作成日時 : 2009/03/19 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日は普段自分が使っている魚用の餌を紹介します。

画像

まずは『川魚の主食』。
【メーカー】・・・COMET
【値段】・・・500円強(お店によっては500円前後の場合もあります)
【使用感】
全体の栄養のバランスがとても良い餌で、おれは今までこの餌を魚に与えてきました。しかし、最近になって気づいたことが。魚が餌の好き嫌いをしていたのです。この餌はフレーク状でアカムシ(赤)、イトミミズ(緑)、ミジンコ(黄)の三種類があり、我が家の魚はこの内のアカムシしか好んで食べなかったのです。確かに、自然界の食物に比べたら、飼育下における人工の餌は味が格段に劣ります。栄養のバランスは抜群ですが、こういった「自然界の食物」から遠ざかってしまったので、魚たちも好まなかったのかな、と思っています。それと、一つ一つの粒が大きく、小さいサイズの魚や稚魚にはあまり向きません(餌が大きすぎて口に入らないのです)。しかし、この餌はハヤ類等には最適だと思います。オイカワやカワムツ、ウグイそしてウグイなど何でも食べるような魚には栄養のバランスの為にも与えてみたら良いと思います。ただ、同じ種類の魚でも個体それぞれ好き嫌いがありますから、食べていないようなら栄養のバランスよりかは痩せない方を選んであげてください。


画像

続いて『メダカ・タナゴ・フナの餌』。
【メーカー】・・・キョーサン
【値段】・・・300円前後
【使用感】
最近使ってみている餌です。主にタナゴや稚魚を対象に与えています。やはり魚たちの中にはこの餌を好まない個体もいて、逆に好んで食べている個体はこの袋を見せただけで寄ってくるようになりました。粒が細かいので、稚魚サイズの個体にお勧めです。値段が安いのも魅力です。


画像

次は『アカムシ』
【メーカー】・・・Hikari
【値段】・・・500円前後(お店によって多少差があります)
【使用感】
消費率ナンバーワンの餌です。先ほど書いた通り、魚は個体によりますが自然下の食物の味に近ければ近いほど好んで食べるようです。この餌はアカムシをそのままフリーズドライにしたものなので味がアカムシそのものの状態なのだそうです(おれが食べるわけでも食べたわけでもないので不明ですが)。それと、何かと飼育下では不足ぎみなビタミンを摂取することが可能です。ただ、沈まないので、水面まで行けない魚には不向きな餌です。低層魚やタナゴにはちょっと辛いかも・・・。
画像

(我が家の『オイカワ』。アカムシの入れ物を水槽の外に置いただけで寄ってきます。)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私もエサはイロイロと試してみましたが肉食魚なので生き餌さのパワーに勝てるものは無かったです。
それでも、いろんなものを喰わせたいので日々、努力しております。
一番上のエサは高級そうなパッケージですね〜!
ドンコ将軍
2009/03/20 06:54
ドンコ将軍さんへ

やっぱり生き餌は食いつきが違います。書くのを忘れてしまいましたが冷凍アカムシをあげたら凄いです。
一番上のは学生には痛いお値段です!!
しばこう17
2009/03/20 09:03
私はテトラミン愛好者でした。お金の無い時はテトラフィンで代用・・・。乾燥物ではクリルを砕いて与えたりもしていますし、底者にはコリドラスタブレットなど結構お金が掛かります。最近は自然採取及び冷凍赤虫を愛用してます。
ryu-oumi
2009/03/20 14:28
ryu-oumiさんへ

勉強になります!
自然採取とはヨコエビやイトミミズのことですね。今度埼玉へ行ったときは持って帰ってこようと思います。
しばこう17
2009/03/20 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
餌について ガサバカ日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる