ガサバカ日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ガサ探索 神奈川県 相模川水系

<<   作成日時 : 2009/02/22 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は神奈川県西部の河川と水路を目指しました。

バスに乗り20分、ようやく目的地最寄のバス停に到着しました。でもここからが長いんです。10分ほど歩いたところでやっと川が見えました。川に中州があって、そこに田んぼが一面に広がっています。もちろんそれらに水を引くための水路があり、それが今日の目当てです。この時期は稲刈りシーズンまっただなかなので水路に水が張られているかどうかが少々不安だったのですが・・・

残念なことに、水路に水が張られていませんでした。ここへはもうちょっと時期を考えて来るべきでした。内心田んぼに水を引かなくても水くらいは水路に張ってあるだろうと思っていました。第一ポイントは壊滅ということで、続いて野池の様になっている第二ポイントへ移動します。

画像

続いてきたのはこのようなポイントです。水は本流と比べても変わらないほどの冷たさです。

よく見てみると大きい魚がたくさん地面を這っています。たぶんウグイでしょう。ハゼ類も多く見られるようで・・・

画像

まずは『ヌマチチブ』。

この個体は病気でなのか怪我をしたのか体が酷いことになっていました。野池にはまだまだこのような魚がいるので伝染病かと思います。

画像

こんどは『ヨシノボリ』です。

やはり低層魚が多いようで、この後も『ヌマチチブ』のオンパレードでした。

画像

またまた『ヌマチチブ』です。

画像

この堰により、野池(ワンドかな?)が形成されていたようです。

堰の間にはハヤなどの大型魚が右往左往していました。


この時期はウグイがたくさん採れるらしく、目で確認できるほど泳いでいました。今日の反省としては時期を完全に間違えていたことが挙げられます。水路に水が張られるようになるとホトケドジョウ、カマツカ、ニゴイ、タナゴなど採集可能な魚種が豊かになるのでまた時期をちゃんと見計らって来ることにしましょう。スミスさん、ごめんなさいね。

●今日の釣果
・アブラハヤ
・ヨシノボリ
・ヌマチチブ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガサ探索 神奈川県 相模川水系 ガサバカ日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる